愛情たっぷりの仕送りに感謝感謝

仕送りって?
仕送りとは、親などの扶養義務者が
子供に必要な生活費や学費の使えるだけのお金を与えることです。

仕送り

しかし車を買うなど通常の生活を送るため以外にそのお金を使うと、
贈与税がかかります。

また年間110万円を超える仕送りにも、贈与税が適用されます。
子供に月9万円以上の仕送りをすれば、ボーダーラインを超えてしまうので、
実家を離れて通学する人は、ある程度はバイトなどでお金を貯めなければ
税金を支払わなければならなくなります。

下宿やアパートに住む私立大学生は、平均で月13万9250円もらっているので、
贈与税を支払うことになります。

地域によって家賃の相場が違うので、
首都圏では金額が高く地方では安く抑えられています。

親は子供に何かしてやりたいと考えますが、
普通に大学生活を送っていれば数十万円もお金を使うことはありません。

食事にかかるお金だけ渡すなど、最低額から仕送りを始めれば、
子供が足りない分をバイトでまかなうので、自立した生活を送らせることができます。

最近は仕送りで足りないと感じて、地元の大学の通う生徒は、
一人暮らしを止めて再び実家から通学するケースも多いです。

その結果仕送りを受けている人は減少し、バイト代や奨学金で通うのが主流です。


HOME NEW
仕送りされる学生の気持ち
NEW
仕送りをする親の気持ち
NEW
仕送りはお金だけじゃない!
NEW
仕送りにみる親子関係
Copyrights (C)愛情たっぷりの仕送りに感謝感謝.All Rights Reserved.