愛情たっぷりの仕送りに感謝感謝

仕送りにみる親子関係
親は子供を育てて、高校から大学、そして社会に出るのを見送っていきます。
その間に寮に入ったり一人暮らしをし始める時には仕送りをすることもあるでしょう。

初めは親から子供へと愛情を持って金銭や食品類などを送ったりもします。
そしていざ社会に巣立った後は子供も大きくなりますから、
今度は子供から親へと仕送りをするということもあります。

経済状況はライフステージによっても変わってきますから、
親の生活のサポートを子供がするという事もあるでしょう。

健全な親子関係であれば、仕送りをお互いにしあうことはとても自然なことです。

これまで育ててくれたから、
親に感謝の気持ちを込めながらやり取りをするのは
本当に信頼しているからこそ出来ることです。

親子関係は切っては切れないものです。
親も子供も元気に過ごせるように、
必要に応じて仕送りや里帰りなどもしていくことで、
より愛情も深まっていくのでしょう。

この時の無理をして仕送りなどをするのではなく、
その時々の出来る範囲内でお金を工面したり、
いろんな品物を送ることができればベストです。

仕送りをするからどちらかが偉いというわけではありません。
親子だからこそ、お互いに助け合いをしたいという気持ちで行いましょう。
HOME NEW
仕送りされる学生の気持ち
NEW
仕送りをする親の気持ち
NEW
仕送りはお金だけじゃない!
NEW
仕送りにみる親子関係
Copyrights (C)愛情たっぷりの仕送りに感謝感謝.All Rights Reserved.